equipment

■検査機器

屈折検査

レフケラトメーター
他覚的屈折度数、角膜曲率半径を測る事が出来ます。

白内障検査

光眼軸長検査(OA-1000)・Aモード

白内障手術の際に必要な眼内レンズの度数を決定するための、眼球の長さを測ることができます。


前眼部OCT

角膜・隅角・虹彩の形を立体的に解析できる器械です。

通常の診療では分かりにくい病変を画像や数値で明らかにします。

眼底検査

後眼部OCT(RS-3000/RT-vue)

網膜の断面図を写しだし、診断や治療の方針を決めていきます。

また視神経を解析し、緑内障の診断も行うことが出来ます。

眼底カメラ

蛍光眼底造影写真や眼底写真を撮影するカメラです。

網膜疾患や緑内障などの診断に役立ちます。

超音波検査

UBM・Bモード

超音波を用いた検査です。

UBM隅角の形状を測定する装置です。通常の隅角検査では見えないところやよくわからない細かい部分まで検査することができます

Bモードは白内障や硝子体出血のために眼底が見えない時などに、目の状態や眼球の後ろの状態などを診察するのに使用します。

視野検査

ハンフリー視野計

中心視野を調べることができ、視野異常の程度の把握、診断、経過観察を行うことができます。

ゴールドマン視野計

視野全体を調べることができ、視野異常の有無や、その結果から診断、経過観察を行うことができます。

宮崎中央眼科病院
~受付時間~


木曜日以外の平日

午前8:00~11:30

-----------------------

午後1:30~5:30


木曜日・土曜日

午前8:00~11:30

-----------------------

午後1:30~4:30


休診日
  日曜・祝祭日

 (第1日曜日は当番医)



※分院の受付時間は下記の

「分院案内」で確認下さい。

分院案内

  • 生目眼科クリニック
  • くにとみ眼科クリニック
  • おおよど眼科クリニック
  • すみよし中央眼科

スマホ・携帯電話はコチラ

ページの先頭へ戻る