History

昭和 2年 4月 初代院長土屋勇満が、鹿児島県姶良郡栗野町にて眼科医院を開業。
昭和39年 6月 鹿児島県大口市にて分院を開設。(現在も開業中)
昭和44年 4月 現在地において、土屋眼科医院を移転開業。当時の職員は土屋院長以下8名。
昭和47年 6月 斜視、弱視の視能訓練室、屈折センターを開設。
昭和54年 7月 宮崎中央眼科病院と名称変更。病床数58床となる。
昭和59年10月 日本眼科学会の専門医制度研修施設病院として認定を受ける。
昭和60年 3月 医療法人慶明会を設立。理事長兼院長に土屋利紀就任。
平成元年 9月 院長に原田一道就任。
平成 4年 5月 先進機能をもつ手術室を設置。
平成 4年11月 眼科健診センターを開設。
平成 7年10月 サテライトとして、生目眼科クリニックを開設。
平成 9年12月 サテライトとして、くにとみ眼科クリニックを開設。
平成11年 3月 サテライトとして、おおよど眼科クリニックを開設。
平成12年 4月 院長に大浦福市就任。
平成13年 4月 宮崎中央西在宅介護支援センターを開設。
平成14年 7月 視機能センターを開設。
平成16年 4月 宮崎中央西在宅介護支援センターを社会福祉法人慶明会へ変更。
平成17年 1月 国富町にけいめい記念クリニックを開設。
平成17年 7月 けいめい記念クリニックに病床30床を移動し、宮崎中央眼科病院28床となる。
平成18年 6月 診療予約制度を部分的に開始。
平成19年 5月 けいめい記念病院から病床2床を移動し、宮崎中央眼科病院30床となる。
平成20年 4月 訪問看護ステーション「かがやき」を社会福祉法人慶明会より移管し、医療法人事業となる。
平成20年 7月 けいめい記念病院から病床3床を移動し、宮崎中央眼科病院33床となる。
平成20年 8月 おび中央病院 療養型72床、老人保健施設おびの里 50床 開設。
平成22年 4月 富吉共立病院 開設。
平成23年 8月 すみよし中央眼科開設。
平成23年 9月 宮崎中央眼科病院 病床33床をけいめい記念病院へ移転し宮崎中央眼科無床クリニックへ。
平成23年 9月 けいめい記念病院32床から53床へ。
平成25年 2月 宮崎中央眼科病院24床で開設、けいめい記念病院41床へ変更。
平成25年 4月 宮崎中央眼科病院、外構工事が終了しグランドオープン。

分院案内

  • 生目眼科クリニック
  • くにとみ眼科クリニック
  • おおよど眼科クリニック
  • すみよし中央眼科

スマホ・携帯電話はコチラ

ページの先頭へ戻る