Contact lens

診察の流れについて

受付

コンタクトレンズ作成の為に来院される方は、健康保険証及び診察券をご提示ください。
受付後、コンタクトレンズ用問診表の記載をお願いしております。

問診

問診表を確認しながら正確に目の状態を教えてください。
目の痛み・充血・かゆみ・乾燥感などありましたら、お知らせ下さい。

検査

視力検査の他、コンタクトレンズ使用歴や使用状況により、角膜内皮細胞検査をします。

診察

角膜の状態を顕微鏡を通して観察し、コンタクトレンズの使用ができるかどうかを判断します。

角膜に細かな傷や炎症等ある場合は、しばらくコンタクトレンズの使用を中止していただくことがあります。

検査

テストレンズを入れ、レンズの度数やカーブ等の規格を調整し、装着状態や装用感を判断し、コンタクトレンズのデータを決定し、視力を測ります。

診察

コンタクトレンズの視力、フィッティングの状態、装着状態を判断し、コンタクトレンズの正しい使い方について啓蒙します。納得していただければ、コンタクトレンズを処方します。

装脱練習

コンタクトレンズのつけ方、はずし方について練習をします。また、毎日のケアや定期検査について説明します。

会計

お受取りになった処方箋を持って、高度管理医療機器の販売を許可されているコンタクトレンズ店でお買い求め下さい。

注)コンタクトレンズの取り扱いが悪い方、指導を守れない方については、コンタクトレンズ使用を中止する場合があります。

ページの先頭へ戻る